HOME>アーカイブ>給湯器を買い換えるときに確認すべきことは?

こんな状態は給湯器買い換えのサイン!

給湯器から変な音がする、水が温かくならない、給湯器の周辺がサビてきた、などの症状は、買い換えのサインです。

給湯器を買い換えるときのポイント

  • まずは自分で掃除、お手入れをして動くかどうか確認
  • 賃貸の場合、まずは管理会社に連絡してみる
  • 現在使用しているものと同じメーカーが安心
  • 使い勝手などをチェックし自分の家に合ったものを見つける
  • メーカー保証の年数をチェックする
  • 高機能アイテムは本当に自宅に必要か考えて買う
  • 本体価格だけでなく、ランニングコストもチェック
  • 設置業者はしっかり資格を所持しているスタッフがいるか確認
  • サイズが大きいものの場合、設置場所が確保出来るか確認
  • 故障時の連絡先やアフターサービスについても確認

家族が増えた時には潜熱型を検討する時期

修理

家族が増えた時に今まで使用していた給湯器では給湯能力が低いと感じられる場合、買い替えを検討したほうがいいです。給湯能力が低いままでは給湯機を使用するときに不便が生じ、結果として光熱費が高くなってしまう可能性が懸念されます。念熱型給湯器で給湯能力の高いものを神戸で手に入れることで、給湯能力に不便を感じずに給湯機を使うことができるでしょう。16号から20号、20号から24号へと増やすことによって、一見光熱費が高くなってしまうように感じる人も少なくありません。しかし、潜熱型給湯器であれば神戸市内であっても長期的に使用することで割安な光熱費となり、結果として家計の負担を低減できます。

決算期とセールの関係性

給湯器

給湯器を販売している企業によっては、セール時期が存在しているため、割安な価格で手に入れることができます。1年の間にどんなセール期間が存在しているのかは、企業によって大幅に異なりますが、決算期の時期に開催していることが多いです。神戸市周辺の給湯器販売会社が、どんな時に決算を行っているのかチェックしてみると、割安な価格で手に入れやすいでしょう。特に決算期の中でも、3月など大きな決算期を迎える企業の場合、通常よりも割引率が高い場合もあるため、チェックしておき、給湯器交換の時期に買い替えを検討しましょう。一般的には年度末が多いですが、9月などの決算時期を迎える企業も多いため、チェックしておくことでセールを忘れずに済みます。

広告募集中